※当サイトはマイナビ等の広告を含みます

仕事

【適性診断テスト】あなたは「不動産営業/建設営業」に向いてる?

「不動産営業/建設営業」としての適性を診断するテストです。

設問は10問、全て択一式です。

まず「不動産営業/建設営業」についてザックリ解説します。

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

 

\全職種に対応!/

評判が良い転職エージェント3選!
リクルートエージェント 業界最大手で求人数No.1 評判・口コミ
doda 満足度ランキング2位で業界2位の求人数 評判・口コミ
マイナビエージェント 20~30代の若手向け求人が豊富 評判・口コミ

 

【全職種対応!】初めての転職におすすめの転職エージェント「3選」
【2024年3月】初めての転職におすすめの転職エージェント「3選」この記事では、「おすすめの転職エージェント3選」「転職エージェントとは何か」「失敗しない転職エージェントの利用方法」などを分かりやすく解...

不動産営業/建設営業とは?

不動産営業

「不動産営業」は、不動産(土地や建物など)の売買や賃貸を仲介する仕事です。

主な仕事内容は以下の通りです。

  1. 物件情報の収集
    物件の情報(売りたい/買いたい、貸したい/借りたい)を収集します。
  2. 物件の紹介
    顧客の要望に合わせて、適切な物件を紹介します。
  3. 契約手続きのサポート
    売買や賃貸の契約が成立するまでの手続きをサポートします。
  4. アフターフォロー
    契約後のトラブルや質問に対応します。

建設営業

「建設営業」は、建設会社が提供する建築や土木のサービス(戸建住宅、マンション、商業施設など)を顧客に提案・販売する仕事です。

主な仕事内容は以下の通りです。

  1. 新規顧客の開拓
    プロジェクトの受注のために、新規の顧客を探します。
  2. 提案活動
    顧客の要望や予算に合わせて、最適な建築・土木のプランを提案します。
  3. 契約手続きのサポート
    プロジェクトの契約が成立するまでの手続きをサポートします。
  4. プロジェクトの進行管理
    契約後、工事の進行状況を顧客に報告し、必要に応じて調整を行います。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

不動産営業/建設営業に求められるスキルや資格

不動産営業に求められるスキル

  1. コミュニケーション能力
    顧客のニーズを正確に把握し、適切な物件を提案するためのスキル。
  2. 市場調査能力
    不動産市場の動向や価格を把握する能力。
  3. 交渉能力
    売主や買主との交渉をスムーズに進めるためのスキル。
  4. 基本的な法律知識
    不動産取引に関する法律や手続きを理解すること。

不動産営業に求められる資格

不動産営業職に必須の資格はありません。

しかし、以下のような資格があると就職や転職で有利になります。

  1. 宅地建物取引士
    不動産取引業者が取得すべき国家資格。不動産の売買・賃貸の仲介業務に携わる不動産営業マンなら持っておきたい資格。
  2. ファイナンシャルプランナー
    不動産と関係の深い「相続」や「税金」「住宅ローン」の知識を得ることができる。
  3. マンション管理士
    マンションの管理についての専門的な知識を有し、マンション所有者の相談やサポートを行える資格。

建設営業に求められるスキル

  1. コミュニケーション能力
    顧客の要望を正確に把握し、適切な提案をするためのスキル。
  2. 技術的知識
    建築や土木の基本的な知識を持ち、顧客との議論や提案に活用する。
  3. 企画・提案能力
    顧客の要望や予算に合わせて、最適なプランを提案する能力。
  4. 交渉能力
    顧客や協力会社との交渉をスムーズに進めるためのスキル。

建設営業に求められる資格

建設営業職に必須の資格はありません。

しかし、以下のような資格があると就職や転職で有利になる可能性があります。

  1. 宅地建物取引士
    不動産取引業者が取得すべき国家資格。不動産の売買・賃貸の仲介業務に携わる建設営業マンなら持っておきたい資格。
  2. ファイナンシャルプランナー
    不動産と関係の深い「相続」や「税金」「住宅ローン」の知識を得ることができる。
  3. 1級・2級建築士
    建築物の設計や施工管理を行うための国家資格。建築に関する技術的な知識を裏付ける資格は、建設営業にも役立つ。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

不動産営業/建設営業の将来性

不動産営業、建設営業ともに将来性が高い職種と言えます。

ただし、経済や社会の動向、技術の進化に適応するため、常に学び続ける姿勢が重要です。

不動産営業、建設営業の将来性を考える際は、以下の点を考慮すると良いでしょう。

不動産営業の将来性

  1. 市場の動向
    不動産市場は、経済の動向や人口動態、都市計画など多くの要因に影響されます。例えば、都市部の人口集中や観光地の開発などは、不動産市場を活性化させる要因となります。
  2. 技術の進化
    オンラインプラットフォームやVR技術の進化により、物件の紹介や契約手続きが変化してきています。これに対応する能力が求められる一方、新しいビジネスチャンスも生まれています。
  3. 持続可能性
    環境や持続可能な社会を重視する動きが強まる中、エコフレンドリーや持続可能な不動産の需要が増える可能性があります。

建設営業の将来性

  1. インフラの更新
    多くの国で老朽化したインフラの改修や新しいインフラの開発が進められています。これは、建設業界にとって大きなビジネスチャンスとなります。
  2. 技術の進化
    3Dプリンター、BIM(Building Information Modeling)の導入など、新しい建築技術が業界に変革をもたらしています。
  3. 持続可能性
    環境に配慮した建築や都市開発の需要が増えています。緑化やエネルギー効率の高い建築など、持続可能な建設が求められるようになっています。

「不動産営業/建設営業」適性診断テスト

【診断テストの手順】

  1. ニックネームを入力する(「あ」とか「う」でもOKです)
  2. 設問のすべてに回答する
  3. 最後に「診断する!」をクリックする

 

一つでも不十分だと診断できません。

では、診断テストをやってみましょう!






問1 : 人とコミュニケーションをとることは得意ですか?




問2 : 新しい知識や技術を学ぶことに興味はありますか?




問3 : 交渉や提案をすることは好きですか?




問4 : 細かい数字やデータを扱うことは得意ですか?




問5 : 長期的なプロジェクトを進めることに自信がありますか?




問6 : 顧客の要望やニーズを正確に理解することは得意ですか?




問7 : 法律や契約に関する知識に興味はありますか?




問8 : 市場の動向やトレンドを追うことは好きですか?




問9 : 複数のタスクを同時に進めることは得意ですか?




問10 : 人々の生活や社会の発展に貢献する仕事に魅力を感じますか?












\ 人気の診断♪ /
\ 新着の診断テスト! /