※当サイトはマイナビ等の広告を含みます

仕事

「総務職」に向いているか適性を診断します!

「総務職」に向いているか適性を診断します!

「総務職」としての適性を診断するテストです。

設問は10問、全て択一式です。

まず「総務職」についてザックリ解説します。

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

総務職とは?

「総務職」とは企業や組織の基盤を支える部門の一つで、その名の通り「総合的な業務」を担当する仕事です。

具体的には以下のような業務があります。

  1. 人事関係業務
    新入社員の採用、教育研修、給与計算、労務管理など、従業員に関するあらゆる業務を担当します。
  2. 施設管理
    オフィスや工場の維持管理、設備の管理、オフィスのレイアウト変更など、施設に関する業務を行います。
  3. 事務サポート
    文房具の購入、電話応対、郵便物の管理など、日常的な事務作業をサポートします。
  4. 法務・契約業務
    契約書の作成や確認、法的トラブルの対応、法律に関するアドバイスなどを行います。
  5. 会社の規則・規定の管理
    社内規則や就業規則の作成・改訂、社員への周知などを行います。
  6. 危機管理
    災害時の対応や、それに伴う復旧作業、危機管理体制の構築などを行います。
  7. 広報・PR活動
    企業のイメージアップを目指して、広報活動やPR活動を行います。

総務部は企業のスムーズな運営をサポートし、他の部門が専門的な業務に集中できるような環境を整える役割を果たしています。

総務部がしっかりと機能していることで、企業全体の生産性や効率が向上します。

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

総務職に求められるスキルや資格

総務職の業務は多岐にわたるため、求められるスキルや資格も多様です。

総務職に求められるスキル

  1. コミュニケーション能力
    多くの部署や外部の業者と連携するため、円滑なコミュニケーションが必要です。
  2. 問題解決能力
    様々なトラブルや問題が発生することがあるため、迅速かつ的確に対応する能力が求められます。
  3. マルチタスク能力
    総務職は多岐にわたる業務を担当するため、複数の業務を同時にこなす能力が必要です。
  4. 基本的なPCスキル
    文書作成やデータ管理など、日常的にPCを使用するため、基本的な操作ができることが求められます。
  5. 交渉能力
    外部業者との契約交渉や、社内での調整など交渉の場面が多いため交渉する力が求められます。

総務職に求められる資格

総務職に必須の資格はありませんが、持っていると役立つ資格は次の通りです。

  1. 行政書士
    法律に関するアドバイスや契約書の作成など、法務業務に関連する資格です。
  2. 社会保険労務士
    人事や労務に関する業務をサポートするための資格で、給与計算や社会保険の手続きなどに役立ちます。
  3. 宅建士
    企業の不動産取引や賃貸契約などに関わる場面で役立つ資格です。
  4. 簿記
    会計や財務に関する基本的な知識を持つための資格。特に小規模企業では、総務と経理が一緒になっていることもあるため、役立つことが多いです。
  5. 危機管理士
    災害時の対応や危機管理体制の構築に関する知識を持つ資格です。

これらのスキルや資格は、総務職において役立つものとして挙げられますが必須ではありません

企業や組織の規模や業種、求められる業務内容によって必要なスキルや資格は異なることがあります。

総務職を目指す場合や総務職としてのスキルをアップさせたい場合は、具体的な業務内容や求められる役割を確認し、それに合わせてスキルや資格を習得すると良いでしょう。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

総務職の将来性

総務職の将来性は「環境への対応力」によって大きく左右されます。

総務職の将来性について考える際、以下の点を考慮する必要があります。

  1. 基盤業務としての重要性
    総務職は企業の基盤を支える業務を担当しており、人事、法務、施設管理、危機管理など多岐にわたる業務を行います。これらの業務は、企業がスムーズに運営するために欠かせないものであり、その重要性は変わらないと考えられます。
  2. デジタルトランスフォーメーション (DX)
    近年、企業のデジタル化が進む中、総務部門もその影響を受けています。人事業務の効率化やオンラインでの手続き、リモートワークの導入など、新しい技術やツールを取り入れることで業務の効率化が求められています。このような変化に柔軟に対応できるスキルや知識が求められるため、総務職の役割も変化してきています。
  3. 専門性の高まり
    法務や危機管理など、専門的な知識やスキルが求められる業務が増えてきています。これに伴い、総務職にも専門的な資格や知識が求められることが増えてきており、専門性の高い総務職は将来的にも需要があると考えられます。
  4. 企業の規模や業種による違い
    大企業では総務部門が大きく、専門的な業務を担当する職員が多い一方、中小企業では総務職が多岐にわたる業務を担当することが多いです。そのため、企業の規模や業種によって、総務職の将来性や求められるスキルが異なることがあります。

 

総務職としての将来性を高めるためには専門的な知識やスキルの習得、デジタル化への対応能力などを身につけることが重要になります。

診断スタート!

【診断テストの手順】

  1. ニックネームを入力する(「あ」とか「う」でもOKです)
  2. 設問のすべてに回答する
  3. 最後に「診断する!」をクリックする

 

一つでも不十分だと診断できません。

では、診断テストをやってみましょう!






問1 : 他人とのコミュニケーションは得意ですか?




問2 : 複数の仕事を同時にこなすことが得意ですか?




問3 : 法律や規則に関する知識に興味がありますか?




問4 : 細かいルールや手続きを守ることについてどう思いますか?




問5 : 新しい知識や技術を学ぶことに興味がありますか?




問6 : 困難な状況やトラブルが発生したとき、どのように対応しますか?



問7 : 他人の意見やフィードバックをどのように受け取りますか?




問8 : 計画的に物事を進めることが得意ですか?




問9 : チームで協力して行う作業は好きですか?




問10 : 「納期」や「期限」を守れますか?












\ 人気の診断♪ /
\ 新着の診断テスト! /