※当サイトはマイナビ等の広告を含みます

仕事

【適性診断テスト】あなたは「ライター職」に向いてる?

【適性診断テスト】あなたは「ライター職」に向いてる?

「ライター職」としての適性を診断するテストです。

設問は10問、全て択一式です。

まず「ライター職」についてザックリ解説します。

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

 

\全職種に対応!/

評判が良い転職エージェント3選!
リクルートエージェント 業界最大手で求人数No.1 評判・口コミ
doda 満足度ランキング2位で業界2位の求人数 評判・口コミ
マイナビエージェント 20~30代の若手向け求人が豊富 評判・口コミ

 

【全職種対応!】初めての転職におすすめの転職エージェント「3選」
【2024年3月】初めての転職におすすめの転職エージェント「3選」この記事では、「おすすめの転職エージェント3選」「転職エージェントとは何か」「失敗しない転職エージェントの利用方法」などを分かりやすく解...

ライター職とは?

「ライター職」とは、文章を使って情報や考えなどを伝える仕事です。

ライターはさまざまなメディアやプラットフォームで活動しており、その内容や形式は多岐にわたります。

以下に、ライター職の主な特徴や種類を簡単に解説します。

  1. ジャンルが幅広い
    ライターはニュース記事、ブログ、小説、脚本、広告コピー、技術文書、詩、エッセイなど、さまざまなジャンルの文章を書きます。
  2. ターゲットに合わせて書く
    ライターは読者や視聴者の興味やニーズに合わせて内容を調整します。例えば、子供向けの物語を書く場合と、専門家向けの技術文書を書く場合では、言葉の選び方や文章の構成が大きく異なります。
  3. リサーチ能力
    記事やレポートを書く際には、正確な情報を提供するためのリサーチが必要です。ライターは情報収集のスキルを持っていることが多いです。
  4. 編集と校正
    書いた内容は、読みやすく、誤りがないように編集や校正を行います。一部のライターは、専門の編集者や校正者と協力して作業を行うこともあります。
  5. フリーランスとしての活動
    多くのライターはフリーランスとして独立して仕事をしています。一方、出版社や広告代理店、企業などで正社員や契約社員として働く場合もあります。
ライターの種類
記事ライター 新聞や雑誌、ウェブサイトなどでの記事を執筆します。
コピーライター 広告や宣伝文を作成します。
技術ライター 製品のマニュアルや技術的な文章を作成します。
小説家・脚本家 物語やドラマのストーリーを執筆します。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

ライター職に求められるスキルや資格

ライター職に求められるスキル

  1. 文章力
    魅力的な文章を書く能力は基本中の基本です。
  2. リサーチ能力
    トピックに関する情報を効率的に収集し、それをもとに記事やコンテンツを作成する能力。
  3. 編集・校正能力
    自分の文章を修正したり、他人の文章を改善するスキル。
  4. 時間管理
    締め切りを守るための計画的な作業スキル。
  5. コミュニケーション能力
    クライアントや編集者とのコミュニケーションは、要求を正確に理解し、適切な内容を提供するために不可欠です。
  6. SEOの知識
    ウェブコンテンツのライターとして働く場合、検索エンジン最適化(SEO)の基本的な知識が求められることが多いです。

ライター職に求められる資格

「ライター職」に必須の資格は特にありません。

しかし、場合によっては特定の資格が役立つことがあります。

  1. ジャーナリズム関連の学位
    大学や専門学校でジャーナリズムやコミュニケーションに関する学位を持っていると、信頼性や権威性、専門性が認められることがあります。
  2. 技術ライターの資格
    技術文書を書く場合、特定の業界や技術に関する資格が役立つことがあります。
  3. 言語関連の資格
    英語や他の言語でのライティングをする場合、TOEIC、TOEFL、IELTSなどの言語資格が役立つことがあります。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

ライター職の将来性

ライター職の将来性は「スキル」「専門性」「適応能力」に大きく依存します。

一般的なトピックに関するライティングだけでなく、特定の分野に深く特化した知識や、デジタルマーケティングやSEOのスキルを持つことで将来性を高めることができます。

ライター職の将来性を考える際、以下の点を考慮すると良いでしょう。

ポジティブな側面

  1. デジタルコンテンツの増加
    インターネットの普及とともに、ウェブサイト、ブログ、SNS、オンラインメディアなど、デジタルコンテンツの需要は増加しています。
  2. 専門性の重要性
    特定の分野や業界に特化した知識や経験を持つライターは、その専門性を活かして高い価値を提供することができます。
  3. ブランディングとコンテンツマーケティング
    企業やブランドが自らの価値やメッセージを伝えるために、コンテンツマーケティングの重要性が増しています。この動きは、ライターの役割をより重要にしています。

ネガティブな側面

  1. 競争の激化
    オンラインプラットフォームの普及により、誰でも手軽にライターを始めることが可能になりました。これにより、一般的なトピックに関するライティングについては競争が激化しています。
  2. 価格競争
    一部のオンラインプラットフォームでは、低価格でのライティングが求められることがあり、ライターの収入を圧迫する要因となっています。
  3. 技術の進化
    人工知能や自動生成ツールの進化により、専門性を必要としない文章作成は自動化される可能性があります。

ライター職」適性診断テスト

【診断テストの手順】

  1. ニックネームを入力する(「あ」とか「う」でもOKです)
  2. 設問のすべてに回答する
  3. 最後に「診断する!」をクリックする

 

一つでも不十分だと診断できません。

では、診断テストをやってみましょう!






問1 : 読書が好きですか?




問2 : 自分の意見や考えを文章にする習慣がありますか?




問3 : 他人の文章を校正することは得意ですか?




問4 : リサーチや情報収集が好きですか?




問5 : 締め切りを守ることは得意ですか?




問6 : どれくらいの速さでタイピングができますか?




問7 : 新しい話題や分野について学ぶのが好きですか?




問8 : クリエイティブな思考が得意ですか?




問9 : 人とのコミュニケーションが得意ですか?




問10 : 自分の意見や考えを他人に伝えるのが得意ですか?












\ 人気の診断♪ /
\ 新着の診断テスト! /