※当サイトはマイナビ等の広告を含みます

仕事

【適性診断テスト】あなたは「Webプランナー職」に向いてる?

【適性診断テスト】あなたは「Webプランナー職」に向いてる?

「Webプランナー職」としての適性を診断するテストです。

設問は10問、全て択一式です。

まず「Webプランナー職」についてザックリ解説します。

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

 

\全職種に対応!/

評判が良い転職エージェント3選!
リクルートエージェント 業界最大手で求人数No.1 評判・口コミ
doda 満足度ランキング2位で業界2位の求人数 評判・口コミ
マイナビエージェント 20~30代の若手向け求人が豊富 評判・口コミ

 

【全職種対応!】初めての転職におすすめの転職エージェント「3選」
【2024年3月】初めての転職におすすめの転職エージェント「3選」この記事では、「おすすめの転職エージェント3選」「転職エージェントとは何か」「失敗しない転職エージェントの利用方法」などを分かりやすく解...

Webプランナー職とは?

「Webプランナー職」とは、WebサイトやWebサービスの企画・設計を行う専門職です。

Webプランナーの主な仕事内容は以下の通りです。

  1. ニーズのヒアリング
    クライアントや利用者のニーズを正確に把握するためのヒアリングを行います。これにより、どのようなWebサイトやサービスを作成すべきかの方向性を定めます。
  2. 企画・提案
    ヒアリングの結果をもとに、Webサイトやサービスの企画書や提案書を作成します。この段階で、サイトの目的、ターゲットユーザー、コンテンツの概要などが明確にされます。
  3. デザイン・機能の指示
    デザイナーやエンジニアに対して、サイトのデザインや必要な機能についての指示やフィードバックを行います。
  4. 進行管理
    Webサイトやサービスの制作が計画通りに進行しているかを確認し、必要に応じて調整を行います。
  5. 品質チェック
    完成したWebサイトやサービスの品質を確認し、問題点や改善点を指摘します。
  6. 報告・プレゼンテーション
    クライアントに対して、制作の進捗や成果を報告し、最終的な納品前の確認を行います。
  7. アフターフォロー
    Webサイトやサービスの公開後も、運用のサポートや改善提案を行うことがあります。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

Webプランナー職に求められるスキルや資格

Webプランナー職に求められるスキル

  1. コミュニケーション能力
    クライアントや制作チームとの円滑なコミュニケーションが必要です。
  2. 企画・提案能力
    クライアントの要望や市場の動向をもとに、効果的なWebサイトやサービスの企画を立案し、それを明確に伝える提案能力が必要です。
  3. マーケティング知識
    ターゲットユーザーの特定や、ユーザーが求める価値を理解するための基本的なマーケティングの知識が求められます。
  4. ユーザーエクスペリエンス(UX)の知識
    利用者がWebサイトやサービスを使いやすく感じるためのデザインや機能に関する知識が必要です。
  5. 基本的な技術知識
    Webの基本的な技術やトレンドを理解し、デザイナーやエンジニアとのコミュニケーションを円滑に行うための知識が必要です。
  6. プロジェクト管理能力
    複数のプロジェクトを同時に進行させる場合や、納期を守るための進行管理能力が求められます。

Webプランナー職に求められる資格

Webプランナーに必須の資格はありません。

しかし、以下の資格を持っていると、就職や転職に有利になる場合があります。

  1. Webクリエイター能力認定試験
    Web制作に関する基本的な知識や技術を証明する資格です。
  2. マーケティング関連の資格
    例えば、「マーケティング・ビジネス実務検定」「マーケティング検定」など、マーケティングの知識を証明する資格が役立つことがあります。
  3. プロジェクトマネジメント資格
    PMP(Project Management Professional)などのプロジェクトマネジメントに関する資格が、プロジェクトの進行管理能力を証明するために役立つことがあります。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

Webプランナー職の将来性

「Webプランナー職」の将来性は高いと言えます。

ただし、技術やトレンドの変化に対応し、継続的に学び続ける姿勢が求められる職種です。

「Webプランナー職」の将来性を考える際、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  1. デジタルトランスフォーメーション (DX) の推進
    企業や組織がデジタル技術を取り入れてビジネスやサービスを変革する動きが進んでいます。このDXの推進に伴い、Webサイトやオンラインサービスの需要は増加しており、それに伴いWebプランナーの役割も重要性を増しています。
  2. ユーザーエクスペリエンス (UX) の重要性
    Webサイトやアプリケーションの使いやすさがビジネスの成功に直結するとの認識が高まっています。このため、ユーザー中心の企画や設計を行うWebプランナーの役割は、今後も重要となるでしょう。
  3. 多様なデバイス・プラットフォームの出現
    スマートフォン、タブレット、ウェアラブルコンピューターなど、多様なデバイスやプラットフォームが出現しています。これらのデバイスに適応したWebサイトやサービスの企画・設計が求められるため、Webプランナーの役割は拡大していると言えます。
  4. 競争の激化
    Web制作の業界は競争が激しく、新しい技術やトレンドが次々と出現しています。そのため、常に最新の知識やスキルを習得し続ける必要があります。
  5. 専門性の高まり
    Webの企画・設計に関する専門性が高まってきており、特定の業界や分野に特化したWebプランナーとしてのキャリアを築くことも可能です。

「Webプランナー職」適性診断テスト

【診断テストの手順】

  1. ニックネームを入力する(「あ」とか「う」でもOKです)
  2. 設問のすべてに回答する
  3. 最後に「診断する!」をクリックする

 

一つでも不十分だと診断できません。

では、診断テストをやってみましょう!






問1 : 新しい技術やトレンドに興味がありますか?




問2 : 人とのコミュニケーションは得意ですか?




問3 : 複数のタスクを同時に管理することが得意ですか?




問4 : 人々の行動や興味を分析することに興味がありますか?




問5 : 新しいアイディアや提案をすることが好きですか?




問6 : チームでのプロジェクトを進行する際、リーダーシップを取ることは得意ですか?




問7 : 細かいディテールに気を付けることができますか?




問8 : 他人の意見やフィードバックを受け入れることができますか?




問9 : 問題解決のために独自の解決策を考えることが得意ですか?




問10 : 自分の意見やアイディアを他人に伝えることが得意ですか?












\ 人気の診断♪ /
\ 新着の診断テスト! /