※当サイトはマイナビ等の広告を含みます

仕事

【適性診断テスト】あなたは「広報職」に向いてる?

【適性診断テスト】あなたは「広報職」に向いてる?

「広報職」としての適性を診断するテストです。

設問は10問、全て択一式です。

まず「広報職」についてザックリ解説します。

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

 

\全職種に対応!/

評判が良い転職エージェント3選!
リクルートエージェント 業界最大手で求人数No.1 評判・口コミ
doda 満足度ランキング2位で業界2位の求人数 評判・口コミ
マイナビエージェント 20~30代の若手向け求人が豊富 評判・口コミ

 

【全職種対応!】初めての転職におすすめの転職エージェント「3選」
【2024年3月】初めての転職におすすめの転職エージェント「3選」この記事では、「おすすめの転職エージェント3選」「転職エージェントとは何か」「失敗しない転職エージェントの利用方法」などを分かりやすく解...

広報職とは?

「広報職」は企業や組織の情報を外部に伝える仕事です。

以下に、広報職の主な仕事内容は以下の通りです。

  1. プレスリリースの作成・配信
    新製品の発売、新サービスの開始、組織の変更など、企業や組織からの大切なお知らせを、報道機関や一般の人々に伝えるための文章を作成し、配信します。
  2. メディア対応
    新聞やテレビ、ラジオ、ウェブメディアなどの取材対応を行います。取材の際のスケジュール調整や、取材内容の確認、企業側の情報提供などを行います。
  3. イベントの企画・運営
    新製品の発表会や記者会見、セミナーなどのイベントを企画・運営します。これには、場所の手配や招待状の送付、当日の進行管理などが含まれます。
  4. 危機管理
    企業や組織が何らかのトラブルや問題に巻き込まれた際、外部への情報提供やコメントの発表を行います。この際、正確かつ迅速な情報提供が求められます。
  5. 情報収集・分析
    外部のメディアで企業や組織に関する情報がどのように伝えられているかをチェックし、その情報を分析します。これにより、企業のイメージや評価を把握し、広報戦略を考える材料とします。
  6. 内部とのコミュニケーション
    企業や組織の内部の人々に向けての情報提供やコミュニケーションも重要です。社内報や社内イベントの企画などがこれに該当します。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

広報職に求められるスキルや資格

広報職に求められるスキル

  1. コミュニケーション能力
    取材対応や外部との交渉、内部のスタッフとの連携など、多岐にわたる人々とのコミュニケーションが求められます。
  2. ライティングスキル
    プレスリリースや社内報、ウェブサイトのコンテンツなど、様々な文章を書く必要があります。
  3. 情報収集・分析能力
    メディアの動向や競合他社の動き、社会のトレンドなどを的確に把握し、それを広報戦略に反映させる能力が求められます。
  4. 危機管理能力
    トラブルや問題が発生した際の迅速かつ適切な対応が必要です。
  5. 企画・運営能力
    イベントやキャンペーンの企画、運営を行うためのスキルが必要です。
  6. 対人スキル
    多様な関係者との関係構築や、信頼関係の維持が重要とされます。
  7. デジタルマーケティングの知識
    SNSやウェブサイトを活用した広報活動が増えているため、これらのツールを効果的に使う知識やスキルが求められます。

広報職に求められる資格

広報職に必須の資格はありません。

しかし、以下のような資格があると就職や転職で有利になる場合があります。

  1. PRプランナー
    公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会が実施している資格で、PRの基本的な知識や技術を証明します。
  2. マーケティング関連の資格
    例えば、マーケティングビジネス実務検定など、マーケティングの知識を証明する資格も有利です。
  3. 言語関連の資格
    TOEICや英検など、英語のスキルを証明する資格は、国際的な広報活動を行う際に役立ちます。
  4. デジタル関連の資格
    「Googleアナリティクス認定資格」や「SNSマーケティング検定」など、デジタル領域の知識を証明する資格。

 

すぐ診断したい方はコチラ ⇒ 診断スタート!

広報職の将来性

広報職の将来性は高いと言えます。

ただし、変化する社会のニーズに応じて、広報職もそのスキルや知識を更新し続ける必要があります。

広報職の将来性を考える際、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  1. 情報化社会の進展
    現代は情報化社会と言われ、情報の発信や受信が日常の一部となっています。企業や組織が持つ情報を適切に伝える役割は、これからも増加すると考えられます。
  2. SNSやデジタルメディアの台頭
    SNSやデジタルメディアの利用が増える中、これらのプラットフォームを活用した広報活動の重要性が増しています。広報職は、これらの新しいメディアを効果的に使うスキルを持つことが求められます。
  3. 危機管理の重要性
    企業のスキャンダルや問題が社会的な影響を及ぼすケースが増えています。これらの問題に迅速かつ適切に対応する広報の役割は、ますます重要になります。
  4. ブランディングの重要性
    競争が激化する中、企業や組織のブランド価値を高めるための広報活動の重要性が増しています。広報はブランディング戦略の一部としても活動します。
  5. 関係者とのコミュニケーション
    企業や組織の関係者(顧客、株主、地域社会など)との関係を深化させるためのコミュニケーションが求められており、広報職はそのカギとなります。
  6. 多様性の尊重
    多様な価値観や背景を持つ人々とのコミュニケーションが重要視されています。広報職はその架け橋としての役割を果たします。

「広報職」適性診断テスト

【診断テストの手順】

  1. ニックネームを入力する(「あ」とか「う」でもOKです)
  2. 設問のすべてに回答する
  3. 最後に「診断する!」をクリックする

 

一つでも不十分だと診断できません。

では、診断テストをやってみましょう!






問1 : 常に新しい情報が気になりますか?




問2 : 人とコミュニケーションを取ることが得意ですか?




問3 : 文章を書くことが好きですか?




問4 : SNSでの情報発信をどの程度していますか?




問5 : 困難な状況でも冷静に対応できると思いますか?




問6 : 他人の意見やフィードバックを受け入れることができますか?




問7 : 計画的に物事を進めることが得意ですか?




問8 : 新しい技術やツールを学ぶことに興味がありますか?




問9 : チームで協力する作業が好きですか?




問10 : 公平性や透明性を大切にできますか?












\ 人気の診断♪ /
\ 新着の診断テスト! /